季節の特集

東京都 千代田区
東京グリーンパレス

2018年5月掲載

700年以上続く伝統あるお祭りをお楽しみください。

100基近くのお神輿が威勢よく浅草の町を練り歩きます。

イメージ画像
イメージ画像
三社祭(さんじゃまつり)は、毎年5月に行われる浅草の浅草神社の例大祭で、正式名称は「浅草神社例大祭」と言います。「三社」とは、浅草神社の旧称「三社権現社」からの呼び名です。お祭りは3日間行われ初日の金曜日は、お囃子屋台・鳶頭木遣り・びんざさら舞・白鷺の舞などが行列をつくって浅草の町を歩く「大行列」。また、浅草神社の社殿と神楽殿で、国無形民俗文化財に指定されている「びんざさら舞」の奉納が行われます。
中日の土曜日には、「例大祭式典」の後、正午より「町内神輿連合渡御」が行われます。浅草氏子四十四ヶ町の町内神輿約100基が浅草寺裏広場に参集し、一基ずつ発進します。浅草神社でお祓いを受けた上で各町会に渡御します。最終日の日曜日は、朝6時に浅草神社の本社御輿三基が神社境内から発進する「宮出し」から始まり、その後各町会を渡御し、夕刻に浅草神社へ戻る「宮入り」となります。東京の伝統あるお祭りをこの機会にご堪能ください。
〈当ホテルからのアクセス〉
JR市ヶ谷駅→(JR総武線)→浅草橋→(都営浅草線)→浅草

ページトップへ