季節の特集

東京都 千代田区
東京グリーンパレス

2018年7月掲載

7月下旬から花火大会が東京各地ではじまります。

花火を見て、夏の暑さを忘れましょう。

(写真)花火
花火
7月の東京は6日(金)〜8日(日)の入谷の朝顔祭りに始まり、9日(月)、10日(火)の浅草のほおずき市を経て、下旬からは花火大会が開催されます。まず、先陣を切って、21日(土)に足立の花火が催されます。東京の夏の花火大会としては最も早く、1時間におよそ1万3600発の花火が夜空を彩ります。続いては24日(火)に葛飾納涼花火大会が行われます。半世紀以上の歴史のある花火大会で、河川敷から至近距離で見る花火は迫力満点です。28日(土)には隅田川花火大会が開催されます。1773(江戸時代享保18)年の「両国川開き」に由来する伝統、格式共に関東随一の花火大会です。およそ2万発の花火が第一会場、第二会場の2つの会場から打ち上げられ、第一会場では花火コンクールが行われ、腕自慢の花火師たちの新作花火の競演で我々を楽しませてくれます。

ページトップへ