季節の特集

東京都 千代田区
東京グリーンパレス

2019年2月掲載

まもなく冬も終わりです。春の気配を感じながら、当ホテル近隣の庭園でおくつろぎください。

小石川後楽園で梅の花をお楽しみください。

國神社
梅の花(イメージ)
小石川後楽園は水戸黄門でおなじみの徳川光圀公の代に完成した庭園です。
後楽園の名前は、中国の范仲奄(はんちゅうえん)「岳陽楼記(がくようろうき)」の「天下の憂いに先立って憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から名づけられました。
庭園の様式は回遊式築山泉水庭園になっており、光圀は造成に当たり明の儒学者朱舜水(しゅしゅんすい)の意見を用いて、円月橋、西湖の堤など中国の風物を取り入れた中国趣味豊かな庭園になっています。
2月9日(土)〜3月3日(日)まで「梅香る庭園へ」と題して梅まつりが催されます。園内には約90本の紅梅・白梅の梅林があり、花の見ごろには辺り一面にひと足早い春の訪れを告げる香りが漂います。是非この機会に梅の花をお楽しみください。

<当ホテルからのアクセス>麹町駅(東京メトロ有楽町線)→飯田橋駅(A1出口)下車徒歩8分

ページトップへ